• ホーム
  • ツゲインをAGAの治療に使用することの副作用や体への影響は?

ツゲインをAGAの治療に使用することの副作用や体への影響は?

脱毛を心配している男性

ツゲインを使用するにあたって副作用がありますが、最も多い副作用は頭皮のかゆみです。そのほかに因果関係も明らかになっていないものがありますが、頭皮への発疹や発赤・かぶれやフケが大量に出たり、使用部位に灼熱感があることもあります。頭痛やめまいがある人もいますし、中には気が遠くなる症状が出ることもあるので自動車の運転などをする時には気をつける必要があります。また胸の痛みや心拍数がはやくなることも報告されていますが、これはツゲインの副作用であることが大きいです。体重が増加したり、手足のむくみがあることで、発毛はしてもこれらの症状が出ると見た目で気になる人もいます。

接触皮膚炎・湿疹や脂漏性皮膚炎などの症状も、副作用として確認されているので知っておく必要があります。この副作用はツゲインの有効成分であるミノキシジルの含有量が多いほど、発生する確率が高まります。ツゲインと同様の成分を使用した服用タイプもありますが、塗布するツゲインよりも副作用が強く出ると報告されています。また低血圧や反射性高血圧、全身が多毛症になったり、手足がむくみ頭痛がすることもあります。めまいやふらつき・動悸や息切れも見られますが、赤ら顔になるリスクも高いです。

よくAGA治療を行う時点で気になる人が多いのが、性的不能や勃起障害の副作用になります。人生全身線維症である腎不全や皮膚の硬化・関節拘縮があり身体機能障害に陥ることもあります。高カリウム血しょうや、多臓器不全などの重篤な副作用が発生するリスクもあるので医師に相談をします。ミノキシジルは一般的に用法・用量を守りながら使用することで、大きな副作用が出ることはないとされています。特に薬や化粧品によってアレルギー症状が起きた人や、AGA治療の効果を多く期待しすぎて成分をたくさん摂取したことも原因です。

気になる人は初めて使うときは頭皮へ直接塗布するのではなく、腕などの皮膚が強いところへ使用しパッチテストを行うこともできます。高濃度のミノキシジルが配合された育毛剤や、特に飲むタイプのものはむくみが生じやすいのでマッサージなどで解消していきます。同様にこれらの効果が高いものを使用すれば、多毛症を引き起こして体毛が濃くなるケースもあります。ミノキシジルには血管拡張作用があるので、高血圧の患者に向けて作られているものですが、現在高血圧の治療をうけているやもともと低血圧の人は注意が必要です。

関連記事
AGA治療内服薬の服用期間は?ツゲインと併用するおすすめの期間は? 2019年12月19日

ジヒドロテストステロンという脱毛につながる男性ホルモンを抑制する、フィナステリドはツゲインと併用することでさらに効果が高まります。服用期間の目安としては内服を1年間継続した場合、現状維持より高い改善効果を得た人が58%もいます。そこから1年使い続けることで10%ずつ効果が上がっていきますが、現状維持...

ツゲインは女性が使用しても大丈夫?女性の薄毛への効果は? 2020年01月07日

ツゲインは女性の壮年期脱毛症に効果があり、進行を抑制していきます。液体タイプですが国内で流通している女性用育毛剤よりも、高い濃度で薬剤を含んでいることも特徴です。使用するツゲインは壮年期脱毛症といわれる、男性ホルモンに関係した薄毛を抑制する作用を持っていて、有効成分のミノキシジルを2%配合しています...

ツゲインでのAGA治療中におすすめの内服薬は?効果的な飲み方は? 2019年11月30日

AGA治療でツゲインを用いる人が多いですが、これは有効成分であるミノキシジルが配合された外用薬です。それと同時に内服薬であるフィナステリドを併用することで、AGA治療の効果が上がります。相乗効果を得ることができますし、効率よく薄毛・抜け毛の両方からアプローチすることができます。フィナステリドは錠剤で...

薄毛治療に使用している「ツゲイン」の成分は?AGAの治療への有効成分は 2019年10月31日

AGAを発症するのはジヒドロテストステロンによるもので、髪へ栄養を届けるための血管が次第に収縮していきます。頭皮の血行が悪化するので、髪の毛に対して栄養の補給ができない状態です。ツゲインの有効成分であるミノキシジルにはその血管を拡張する作用があり、脱毛することになっている毛根や萎縮した血管の再生を促...