• ホーム
  • ツゲインでのAGA治療中におすすめの内服薬は?効果的な飲み方は?

ツゲインでのAGA治療中におすすめの内服薬は?効果的な飲み方は?

髪に悩む男性

AGA治療でツゲインを用いる人が多いですが、これは有効成分であるミノキシジルが配合された外用薬です。それと同時に内服薬であるフィナステリドを併用することで、AGA治療の効果が上がります。相乗効果を得ることができますし、効率よく薄毛・抜け毛の両方からアプローチすることができます。フィナステリドは錠剤ですが、飲み方はどのタイミングで服用しても良いですが毎日同じ時間に服用することが基本です。この効果は24時間あるので、それを過ぎてしまうと効果が減少していきます。

効果がアップしている状態を続ける必要があり、少しでも時間が遅れて効果が下降してしまうと無駄になります。3ヶ月継続して投与することで効果が出ることもありますが、通常は周りの人が気がつくまでは6ヶ月以上服用し続ける必要があります。効果を持続するためにプロペシアを継続的に服用する必要がありますが、服用し続けて効果が出始めていて気が緩み服用を中止すると効果が下がっていきます。すぐに下降するわけではありませんが、飲み方としては飲まない日が数ヶ月続けばAGAが進行していき年齢もさらに以前よりも進行する恐れもあります。プロペシアを服用しているときは献血はしてはいけなかったり、性欲減退・勃起不全などの副作用がありますが発現率はとても少なく1.0%未満になります。

フィナステリドとツゲインの有効成分ミノキシジルは、発毛効果があると認められている成分です。実際に両方を併用することで高い発毛効果が報告されていますし、フィナステリドは抜け毛を防ぎミノキシジルは発毛を促します。片方だけの使用であれば一方の効果しか期待できないので、治療も遅くなっていきます。成分の作用は全く異なるため二つの薬を同時進行で使用することができますが、基本的に同じ効果があるものを重複して投与することはできないです。全く同じ効果を持っている薬を投与すれば、副作用が出るリスクが高まります。

フィナステリドは酵素の働きを抑制し、男性ホルモンであるジヒドロテストステロンへ変化することを防ぐことができます。薬を投与しながら少しずつ正常なヘアサイクルを取り戻し、成長期が長くなることで太くてコシのある髪の毛が生え始めます。ミノキシジルは基本的にフィナステリドの働きをサポートするので、どちらが欠けても効果が半減されるのでできる限り併用して服用すれば、発毛効果がスムーズに期待することができます。

関連記事
AGA治療内服薬の服用期間は?ツゲインと併用するおすすめの期間は? 2019年12月19日

ジヒドロテストステロンという脱毛につながる男性ホルモンを抑制する、フィナステリドはツゲインと併用することでさらに効果が高まります。服用期間の目安としては内服を1年間継続した場合、現状維持より高い改善効果を得た人が58%もいます。そこから1年使い続けることで10%ずつ効果が上がっていきますが、現状維持...

ツゲインは女性が使用しても大丈夫?女性の薄毛への効果は? 2020年01月07日

ツゲインは女性の壮年期脱毛症に効果があり、進行を抑制していきます。液体タイプですが国内で流通している女性用育毛剤よりも、高い濃度で薬剤を含んでいることも特徴です。使用するツゲインは壮年期脱毛症といわれる、男性ホルモンに関係した薄毛を抑制する作用を持っていて、有効成分のミノキシジルを2%配合しています...

ツゲインをAGAの治療に使用することの副作用や体への影響は? 2019年11月14日

ツゲインを使用するにあたって副作用がありますが、最も多い副作用は頭皮のかゆみです。そのほかに因果関係も明らかになっていないものがありますが、頭皮への発疹や発赤・かぶれやフケが大量に出たり、使用部位に灼熱感があることもあります。頭痛やめまいがある人もいますし、中には気が遠くなる症状が出ることもあるので...

薄毛治療に使用している「ツゲイン」の成分は?AGAの治療への有効成分は 2019年10月31日

AGAを発症するのはジヒドロテストステロンによるもので、髪へ栄養を届けるための血管が次第に収縮していきます。頭皮の血行が悪化するので、髪の毛に対して栄養の補給ができない状態です。ツゲインの有効成分であるミノキシジルにはその血管を拡張する作用があり、脱毛することになっている毛根や萎縮した血管の再生を促...